特集

電子納品対応CAD修正サービス

電子納品チェックプログラムに合格するには?

面倒なCAD図面修正は専門家にお任せ下さい。 ・何回修正してもチェックプログラムに合格しない
・正確なレイヤ名称が解らない
・文字化け、禁則文字?
・文字の色?線の色?
・変換ができない
電子納品チェックプログラムに合格するには、多数の細かな仕様を知っていなければなりません。
分厚い要領(案)を読み解き、データを修正する作業は大変な労力と時間がかかります。
地域や工事・業務によって仕様が違う為、全てを理解するのはとても難しいことです。

どの電子納品チェックプログラムにも合格するデータを作れます

電子納品に必要な修正をP21、SFCデータに対して行い、電子納品チェックプログラム(チェックシステム)に合格するデータをお作り致します。
当社ではあらゆるチェックプログラムに対応しており、SXF技術者、CALS/ECインストラクター・エキスパートの資格を持った熟練技術者が責任を持って作成します。
面倒なCAD図面修正は専門家にお任せ下さい。

電子納品対応CADデータとは

役所より受注された工事(業務)は、発注者側からCADデータ作図の為のルール=「CAD製図基準」が指定されています。
指定された「CAD製図基準」にしたがって作図されたかは「電子納品チェックプログラム(システム)」にて確認され、エラーが発生しない状態が当社でいう「電子納品対応CADデータ」です。
電子納品対応CADデータ

あらゆるチェックプログラムに対応しています

  • 国土交通省チェックプログラム
  • 国土交通省チェックプログラム 電気通信設備編
  • 国土交通省チェックプログラム 機会設備工事編
  • 農林水産省 農業農村整備事業版チェックシステム
  • 港湾CALS電子納品検査支援システム
  • 下水道事業団JS電子納品チェックシステム
  • 地方整備局、都道府県、市町村等、独自仕様も対応可能

対応データ形式

・SXF(P21/SFC)
・AutoCAD(DWG/DXF)
・JWCAD(JWW/JWC)
・V-nas(BFO)
※上記データ形式以外にも対応できるものもございます。ご相談下さい。

電子納品全般の作成も承っております

SXF技術者、CALS/ECインストラクター・エキスパートの有資格者が責任をもって対応致します。 電子納品についてお困りのことは何でもご相談下さい。

ご相談お問合せはこちらから

お見積り、ご相談は無料です。下記の電話またはメールフォームからお問合せ下さい。